よくある質問|三軒茶屋で矯正歯科をお探しの方は宮坂矯正歯科医院まで

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-36-2
SANJA108ビル 2F

03-5430-4188

診療時間
10:00~12:00
14:00~19:00

:14:00~16:00
休診日:月、木、第1日曜

よくある質問Q & A

Q & A

Q.矯正治療とはどんな治療?
A.

矯正治療は見た目の美しさはもちろんですが、お口の機能そのものが向上する治療です。
1. 正常な咬み合わせから、咬む、発音するなど、お口の機能全体が向上する
2. 正常な咬み合わせから、お顔立ち、姿勢が良くなる
3. 口腔環境が良くなり、むし歯や歯周病の予防になる
上記のような体へのメリットだけでなく、笑顔に自信が持てるようになることで、物事に対して明るく積極的になる傾向があります。
心身共に良い影響を与える治療だと言えます。

Q.歯ならびが悪いとどうなるの?
A.

歯ならびが悪いと、心身の健康に影響を及ぼす恐れがあります。具体的には下記のような5つが挙げられます。
1. むし歯や歯周病(歯槽膿漏)になりやすい
2. 食べ物がかみにくいことで、消化不良の原因になりやすい
3. 歯ならびにコンプレックスを感じることで、物事に消極的になってしまう
4. 正しい発音がしにくい
5. お子様の顎の成長に悪影響を与える可能性がある

Q.矯正治療を始めるなら早いほうがいいと聞きましたが、何歳ごろが適切ですか?
A.

お子様の場合は、上下前歯の永久歯が2本ずつ、合計4本が生えてきた頃(小学校に入学する前くらい)が最も治療の見極めがしやすい時期です。
ただ、受け口(反対咬合)のお子様に関しては、3歳から治療が始められます。
ご心配であれば、年齢を問わず、一度ご相談いただくことが理想的です。
成人の方の場合は、加齢とともに歯を動かす時間が増加する傾向にあるため、思い立った時が始め時です。
今は目立たない装置も開発されておりますので、見た目を気にせずに治療を受けていただけます。

Q.矯正治療は痛いの?
A.

固定式の装置の場合は来院していただいた後2、3日は堅い物が咬みにくかったり、歯が浮いた感じがするときがあります。
痛みはその程度で、ずっと長く続く事はありません。

Q.矯正の治療中にスポーツはできる?
A.

どんなスポーツでも問題なくできます。ただラクビーなど激しくぶつかるスポーツの場合には唇の内側を保護するマウスガードを使う事をおすすめしております。

Q.矯正の治療期間はどの位かかりますか?
A.

矯正治療は他の歯科治療と異なり、長い期間を必要とします。
特にお子様は長く、治療を始める年齢により異なりますが、約2~4年の期間が必要です
しかし、上下の顎の成長を利用して咬み合わせを正常な方向に誘導することができるため、必要かつ有効な期間なのです。
成人の方はお子様のように成長がないため、約2年の期間で済みます。
通院の頻度は年齢に関わらず、装置を付けて歯を動かしている動的治療期間中は、月に1回お越しいただきます。
歯を動かす治療が終わったら、きれいな歯ならびを安定させるための保定を行い、経過観察のために3ヶ月に1度の通院をお願いしております。

Q.矯正治療後はどうなりますか?
A.

まず、矯正治療は歯ならびを整えただけで終わりではなく、その後に保定といって後戻りしないように安定させる治療が必要です。
歯ならびがきれいになったら、取り外し可能なリテーナー(保定装置)を用いて、歯ならびを安定させます。
約2年は、経過観察のために3ヶ月に1度の頻度で通院していただきます。
保定を怠ったり、途中で通院を辞めてしまうと、歯ならびはもとの状態に戻ろうとします。
きれいな歯ならびを保つために、保定を習慣づけていきましょう。

Q.矯正の治療費はどれくらいかかりますか?保険は適用されますか?
A.

唇顎口蓋裂といった厚生労働省が定める特定の疾患にのみ保険は適用できます。
(当院は東京都指定の更生、育成指定病院ですので上記の保険適用が可能です。指定外の病院では保険適用ができません。)
> 保険適用になる症例(日本矯正歯科学会のホームページを表示します)

ただし、それ以外の矯正治療については、基本的に保険診療は適用できないため、自由診療です。
当院の治療費用は国立大学(東京医科歯科大学歯学部矯正科)に準じた料金体系ですので、ご安心ください。
また矯正治療費用は、確定申告することにより医療費控除を受ける事ができます。
> 医療費控除とは?(国税庁のホームページを表示します)

Q.矯正治療は認定医がいる場所で受けたほうが良いのですか?
A.

矯正治療は歯科治療の中でも非常に専門的で難易度の高い分野です。
資格を持っている歯科医師に診てもらうことは非常に大切です。

日本矯正歯科学会 認定医を例に挙げます。
認定医を取得するためには、歯科大学を卒業後、学会の定めた年数の研修期間を経て、矯正の論文や症例を提出し、試験に合格して初めて認定医として認められます。
さらに、認定医はその場限りの資格ではなく5年ごとの更新で、継続して論文発表等を行わなければ、資格ははく奪されてしまいます。
そのため、認定医の資格を取得している歯科医師は、矯正治療について熱心に学び、技術・知識の研鑽に励んでいるということになります。

当院長は日本矯正歯科学会 認定医、そして次世代の歯科医師を育成する日本矯正歯科学会 指導医でもあります。
また、19年間にわたり東京医科歯科大学歯学部矯正科に在籍し、文部教官助手、講師などを通じて数多くの臨床経験がございます。どうぞ安心してお任せください。

ページトップへ